野菜ごはんとナチュラルおやつ@おだんごカフェ

素材を味わうシンプルなお料理が楽しめる 「おだんごカフェ」 たまご、肉、魚、乳製品などの 動物性食品を使わない ナチュラルレシピをご紹介しています。

クリンスイ×レシピブログ
水で変わる、毎日の料理

11月の記事公開のお知らせです!


今月は、温かい麺レシピをご紹介。
とーーっても簡単に作れるうどんレシピです♪

即席きのこうどん2_600


今月は、『超軟水』を使用。

『超軟水』は雑味が全くないので、
しっかりきのこと塩昆布の旨味を味わえます。

だしいらずなので手軽で簡単!
ちょっと小腹が空いたときや、
ひとり分だけ作りたいなんてときにも
おすすめですよ~(・∀・)



詳しくはこちらをどうぞ♪
 ↓ ↓ ↓
だしいらずで美味しい!きのこと塩昆布の即席うどん

だしいらずで美味しい!きのこと塩昆布の即席うどん1_600







これまでのレシピはこちらから♪
  ↓  ↓  ↓
mirumayu_sama




いつもありがとうございます♪
↓ポチッとしていただけると嬉しいです (*´∀`)ノ♪

レシピブログに参加中♪


※LINEユーザーのみなさま、ポチッとお願いします!
  ↓ ↓ ↓

小ぶりのピーマンがたくさんあった時に作りました。

そのまま丸ごと、
厚揚げと一緒に煮物にします^^

丸ごとピーマンと厚揚げの梅みそ煮1_600

味付けは、梅みそ。
みそは、豆みそを使いました。
なければ米みそ等でも作れますが、
豆みそだとこっくり深い味わいに仕上がります。

また、大きめもしくは通常サイズのピーマンでも作れます。
その場合、四つ割りか二つ割りにするといいです。
中の種は取らずに調理しちゃいましょう!

丸ごとピーマンと厚揚げの梅みそ煮2_600

ピーマンがくたくたになるまで煮るのがポイント。
柔らか~く煮ましょう。
しばらくそのまま置いて、味をなじませるといいですよ。
ピーマンにも厚揚げにも梅みそ味が
ジュワ~ッとしみこみます( ´艸`)

何より丸ごと調理は作るのが楽です♪

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-材料

【4人分】

ピーマン(やや小さめのもの) 15個前後
厚揚げ 2枚
水 1/2カップ
豆みそ 小さじ2
梅肉 小さじ1~

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-作り方

1.ピーマンはヘタの硬そうな部分を取り除く。厚揚げは油抜きをして食べやすい大きさに切る。

2.ピーマンと水を鍋に入れて豆みそと梅肉を乗せて火にかける。煮立ってきたら火を弱めて5~6分煮る。

3.みそを溶き、厚揚げを加えてさっと混ぜる。再度蓋をしてさらに5~6分煮る。




連載中です♪
  ↓  ↓  ↓
mirumayu_sama


今月のレシピはこちら↓
『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん

『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん2_600




いつもありがとうございます♪
↓ポチッとしていただけると嬉しいです (*´∀`)ノ♪

レシピブログに参加中♪


※LINEユーザーのみなさま、ポチッとお願いします!
  ↓ ↓ ↓

今日もやっぱりかぼちゃレシピ。

しかも、前回のレシピと同じく、

またまた【かぼちゃ&れんこん】の組み合わせ…(^^;
今回のレシピは、とってもシンプルです!

薄切りかぼちゃとれんこんの塩炒め1_600

かぼちゃとれんこん。
なんでかなぁ、つい組み合わせたくなるのです。
かぼちゃがほくほく&甘いので、
ややあっさり感をプラスしたくなるのかも。

どちらも薄く切ります。
さっと炒めたら蓋をして加熱。
このとき、油が少ないと感じたら少々加え、
全体になじませてから蓋をしましょう。

薄切りかぼちゃとれんこんの塩炒め2_600

火が通ったら完成ですが、
火を通しすぎないように気をつけてください!
かぼちゃが崩れるちょっと手前くらいが理想です^^

かぼちゃならではのホクホク感も残しつつ、
シャキシャキ感も楽しめる♪
あっさりシンプルで美味しい!

ガリガリ黒胡椒をたっぷりふって、
おつまみにするのもおすすめです(・∀・)

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-材料

【4人分】

かぼちゃ 250g
れんこん 100g
オリーブ油 適量
塩 小さじ1/3くらい
粗びき黒こしょう 適量

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-作り方

1.かぼちゃは4~5cm長さの薄切りにする。れんこんは薄い半月切りにする。

2.フライパンにオリーブ油を熱し、1を加えて炒める。

3.蓋をして5~6分加熱し、塩と粗びき黒こしょうをふる。

途中、油が少なく感じたら少々加えて全体になじませてから蓋をしてください。火を通しすぎないように注意しましょう。



連載中です♪
  ↓  ↓  ↓
mirumayu_sama


今月のレシピはこちら↓
『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん

『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん2_600




いつもありがとうございます♪
↓ポチッとしていただけると嬉しいです (*´∀`)ノ♪

レシピブログに参加中♪


※LINEユーザーのみなさま、ポチッとお願いします!
  ↓ ↓ ↓

ハロウィンが近いのでかぼちゃレシピを。

揚げないのでヘルシー!
丸めないから簡単!

そんなコロッケレシピです(*゚∀゚)っ

揚げず丸めず&味わいあっさり♪かぼちゃのスコップコロッケ1_600

かぼちゃ料理といえば、
うちでは煮物が多いのですが、
(子どもたちが好きなので)
珍しくコロッケにしてみました。

といっても、スコップコロッケ。
容器に入れてパン粉を乗せて焼くので、
とっても簡単でヘルシー♪

揚げず丸めず&味わいあっさり♪かぼちゃのスコップコロッケ2_600

炒めた玉ねぎを入れようかなぁと思ったけど、
かぼちゃが甘いので、れんこん&ねぎであっさりと。
れんこんの食感も楽しめます^^

パン粉はからいりしたものを使うので、
食べる直前にかけるだけでもいいと思います。
(その場合は耐熱容器でなくてもOK)

好きな量を取り分けて食べられるし、
パン粉の量も好みで調節できる!
小さな容器に入れて焼いてもいいですね。

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-材料

【4人分】

かぼちゃ 400g
れんこん 80~100g
ねぎ 10cmくらい
塩 2~3つまみ
パン粉(からいりしたもの) 10~20g
刻んだ青菜 適宜


おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-作り方

1.かぼちゃは柔らかく茹でて水気をとばし、ざっと潰す。

2.れんこんは薄いいちょう切りにしてさっと茹で、水気を切る。ねぎは小口切りにする。

3.1に2と塩を加えて混ぜ、耐熱容器に入れる。パン粉を乗せて(好みでオリーブ油少々をかけても)トースターで焼き、あれば彩りに刻んだ青菜をふる。ソースをかけていただく。

青菜はパセリ、バジル、春菊など何でもOK。食べる直前にパン粉をかけて食べても。その場合は耐熱容器を使用しなくてもいいです。



連載中です♪
  ↓  ↓  ↓
mirumayu_sama


今月のレシピはこちら↓
『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん

『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん2_600




いつもありがとうございます♪
↓ポチッとしていただけると嬉しいです (*´∀`)ノ♪

レシピブログに参加中♪


※LINEユーザーのみなさま、ポチッとお願いします!
  ↓ ↓ ↓

ごろっと大きめに切ったにんじんを
炊き込みご飯にして味わいます!

にんじんを味わうためのごはんレシピです♪

にんにく風味♪にんじんゴロゴロ炊き込みご飯1_600

先週末のこと。

野菜室にたくさんあったにんじんで、
炊き込みごはんを作ることにしました。
せん切りにでもしようかと思ったのですが…

なんかもう、切ろうとしているそばから、
あまりにも美味しそうな香りが…!!!
小さく切ったらもったいない気がしたので、
ごろりと大きめに切ることに。

油揚げとか入れようと思ってましたが、それもやめ。
(そのかわり、サラダを豆入りにしました^^)

にんにく風味♪にんじんゴロゴロ炊き込みご飯2_600

具は大きめにんじんのみ。
風味づけに、にんにくのみじん切りをプラス。
味付けはシンプルな塩味。

にんじん、甘ーい!
にんにく&塩気が、その美味しさを引き立ててくれます。

また、ごま油やオリーブ油をかけて食べると
香りとコクが加わって美味しいです。
ごま油なら和風、オリーブ油ならイタリアン風に。
ちなみに私は、オリーブ油派です(*・ω・)ノ

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-材料

【2合分】

米 2合
にんじん 大きめ1本(250gくらい)
にんにく 1~2かけ分
塩 小さじ1
ごま油、オリーブ油 適宜

おだんごカフェ@体に優しいナチュラルレシピ-作り方

1.
米は研いでザルにあげ水気を切る。通常通りの水加減で浸水させておく。

2.にんじんは乱切り、にんにくはみじん切りにする。

3.
1に塩を加え、2を乗せて炊く。

お好みで、
ごま油やオリーブ油を少々かけて食べると美味しいです。



連載中です♪
  ↓  ↓  ↓
mirumayu_sama


今月のレシピはこちら↓
『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん

『アルカリ水』使用♪大人味の栗きんとん2_600




いつもありがとうございます♪
↓ポチッとしていただけると嬉しいです (*´∀`)ノ♪

レシピブログに参加中♪


※LINEユーザーのみなさま、ポチッとお願いします!
  ↓ ↓ ↓

↑このページのトップヘ