よもぎフランスあんぱん
生種をおこす時間がなかったので、パネトーネマザーで作ったあんぱんです。

パネトーネマザーとは、パネトーネ酵母を粉末化してドライイーストを加えたもの。
私はやっぱり天然酵母の独特の匂いや味わいが好きですが、
ドライイーストのように手軽に使えるところがお気に入り♡
その日の気分や状況にあわせて、パネと天然酵母を使い分けています。

いつものホシノの場合、生種おこしに24時間かかりだいたい1週間以内に
使い切った方がいいとのこと。
1度に5斤分くらいの生種をおこすので、おこした時はパン焼きまくり&食べ放題!!
(我が家は平日はパン、ほとんど食べないので…)
お友達にあげたり焼いて冷凍したりもしますが、いっぱい焼くぞ~(≧∇≦)
という時でないと、生種もおこせないんです(>_<)

今日は、ふとよもぎあんぱんが食べたくなり、急に作り始めたのでパネで♪
100%天然酵母というわけではありませんがドライイースト臭さはないです。
全粒粉やライ麦を使って焼くハードでリーンなパンは、天然酵母で味わい深く♡
軽めに食べたい菓子パンや惣菜パンなどはパネで!
というのが私のスタイルになりそうです(⌒^⌒)b

あっ、ひとつ注意することが!!
パネトーネマザーはドライイーストの様に粉末なのですが、イースト投入口に入れると
自動に落ちないので必ず手動で後入れします。
初めて焼いたとき、私は知らずに失敗しました…(^^ゞ

また、パネトーネマザーについては、ぱねぱんくらぶ で詳しく知ることができます。
ドライイーストの様に使えるといっても、特徴は全く異なるので
同じ使い方をすると失敗することもあるようです。
私は適当に作ってるので、きちんとしたレシピや特徴を知りたい方はチェックしてくださいね(o^∇^o)ノ


材料 材料>8個分


国産小麦粉(フランスパン用)200g
乾燥よもぎ 10g
塩 4g
水 145cc
パネトーネマザー 9g

あん(8等分して丸めておく)200g
黒いりごま 適量

作り方 作り方

1.HBのパンケースにパネトーネマザー意外の材料を入れ、パン生地コースをスタートさせる。
  HBのドライイースト投入のタイミングに合わせてパネトーネマザーを入れる。
  (10分~15分くらいすると、ガチッガチッと投入口が開く音がするのでその直後に)
2.コース終了したら生地を取り出し、8等分して丸めなおしベンチタイム10分。
3.軽くおさえながら平たく丸くのばしてあんを包む。
  上部にごまをつけ(皿にゴマをのせ、パンを持って逆さにしてつける)、綴じ目を下にしておく。
  仕上げ発酵30分くらい。
4.210度(予熱あり)のオーブンで15分ほど焼いて出来上がり。
  平たく焼けるようにクッキングシートを挟んでパンの上に天板を乗せて焼きました。
  普通に焼いてももちろんOKです♪


★下記のランキングに参加しています。クリックして下さると嬉しいです♪
  にほんブログ村 料理ブログ  レシピブログ